臘八大摂心

12月1日~8日は、萬福寺にて臘八大接心が行われます。

今年もこの時期がやってまいりました。

禅堂の障子を全て開けて、たったの衣3枚で乗り切る臘八大摂心がやってまいりました。
お釈迦さまが菩提樹という木の下で7日間の坐禅をした後、12月8日の未明に悟られた(成道といいます。)という話から、私達も真似するようになりました。
12月のことを「臘月」と言い、8日に成道することから、臘八大摂心と名付けられました。

座禅三昧の修行期間なのですが、8日の朝の終了の合図は、「鶏鳴」と言われています。
ニワトリが鳴いたら終わりなのですが、実際はニワトリも居ない為、木魚などの合図で終わります。
明けの明星が輝く朝の空は何とも言えない清々しさで、7日間の苦労が報われたような気がします。(私たちが雲水の頃は雨だったので暗かったのを覚えています。)

今年も小僧は京都へ行ってきます。
今度は修行のお手伝いを頑張ってきたいと思っています。

休載致しま宣言

例年通りですと、この期間は休載しておりましたが、今年は一味違います。
などと偉そうに言っていますが…😅
卒論に追われる毎日の中で、コツコツと参詣記を書いておりました👍
眠気に負けて、ゲームに負けて、周囲の誘惑にも負けて…😲
皆様に少しでも喜んでいただけますよう、準備を進めておりました。

主な記載予定

主な記載予定は以下のとおりです。
代理人に依頼しましたが諸事情により変更する場合がありますのでご了承ください。

頭陀袋

『頭陀袋126 かんのんさま』は12月1日に掲載予定です。

雲水日誌

『雲水日誌【第一章 五節】』は12月1日に掲載予定です。

寺院訪問記

各参詣記を12月2日~8日まで掲載予定です。

小僧さん

臘八大摂心を無事終えましたら、またご報告したいと思います。

小僧合掌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
Avatar photo
恩林寺の小僧さん
檀信徒の皆さんに『一休さん・小僧さん…』様々な愛称で呼ばれております、鳳雅禅士です。「一日一善」を心がけながら、日々精進していきます。感謝・合掌。