月食

皆既月食、皆様はご覧になりましたか?

442年ぶりの天体ショー

月全体が徐々に地球の影に覆われる皆既月食が全国各地で観測されました。
月が地球の影に完全に覆われる『皆既食』。
その最中に月の後ろに天王星が入る天王星食(惑星食)も見られました。
皆既食と惑星食が同時に見られるのは日本では442年ぶりだそうです。
ちなみに、次回は322年後の2344年の土星食と予想されているそうです。
長生きできたとしても…もう見られそうにありませんね😥

皆既食

月が地球の影に徐々に覆われていき、太陽と地球と月が一直線に並び、月全体が地球の影に完全に覆われた状態の事。
太陽の一部の赤い光が月を照らし、赤黒い色に見えるのが特徴です。

前回の時は?

442年前…皆既食と惑星食が同時に起こった安土桃山時代の1580年。
本能寺の変の2年前、織田信長の孫で岐阜城主だった織田秀信が生まれた年です。
清州会議にて羽柴秀吉が担ぎ出した『三法師』の名前の方が有名かも?
この天体ショーを織田信長も見ていたのでしょうか?
今回と同じように天気は良かったのでしょうか?
やはり、みんなが見上げていたのでしょうか?
さすがにご存命の方もいないし、小僧の知る限りでは資料もありません。
天文も歴史も、想像するだけでワクワクする小僧です。

帰宅中の天体ショー

月が赤く光る皆既月食、ニュースで知って楽しみにしていました。
いつも天体ショーには胸が踊りますが、今回は天気も良く観測しやすい好条件。
『これを見逃す手はない!』と意気込んでおりました。
しかし、ちょうどその日に授業の為に京都へGo!
バスに揺られている時間に、ほぼほぼ天体ショーが終了…なんて日だっ!
休憩時間のSAでこっそり見上げながら、カメラがあれば…と悔やんでおりました。
さすがに学校まで、愛機の一眼レフ&三脚セットを持っていけないですから…。

という訳で、今回は知り合いに依頼して恩林寺付近で撮影して頂きました。
次回の天体ショーは見逃せない!

Mini Gallery

小僧さん

小僧の周囲には『真っ暗になるの?』と勘違いされる方もいました。
おそらく日食と同じ様な感覚だったのでしょう。
報道番組などで多くの方が月を見上げているシーンが放送されていました。
ほんの一時でしょうが、諍いを忘れている時間だったのではないでしょうか?
次回の天体ショーまでの時間は…小僧の袈裟をまとった姿の
変態ショー🤣変身ショーでご一緒に坐禅でも如何でショーか❓😅

小僧合掌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
Avatar photo
恩林寺の小僧さん
檀信徒の皆さんに『一休さん・小僧さん…』様々な愛称で呼ばれております、鳳雅禅士です。「一日一善」を心がけながら、日々精進していきます。感謝・合掌。