作務とは…

絵を描く時、口が半開きになる恩林寺の小僧です

先日、『和尚さんと僕』の絵を描きました。
普段から機械を使用して描いていますが、お坊さんのイラストを描くのは今回が初めてでした。
和尚さんが着ている「法衣」というものは宗派によって色や形の違いがあります。
また、小僧である私が着ているのは「作務衣」といい、作務を行う時に着る作業着のようなものです。

作務とは何か?
それは、お坊さんの修行の一環であり、木など切って形を整えることや、部屋や玄関、廊下などを掃除することを指します。
つまり、身の周りを綺麗にすることですね。
僧侶は朝早くに起き、朝のお勤め(読経・参拝)のあと、必ず掃除をします。
参拝にみえる人々のため、いつもお世話になっている仏様のため。

僕は掃除が苦手です。
しかし、日々の感謝を忘れないように頑張りたいと思います。

小僧合掌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
Avatar photo
恩林寺の小僧さん
檀信徒の皆さんに『一休さん・小僧さん…』様々な愛称で呼ばれております、鳳雅禅士です。「一日一善」を心がけながら、日々精進していきます。感謝・合掌。