笑顔

雲水修行期間
小僧さんのぶろぐ 雲水修行期間
小僧の代理人
小僧の代理人

サーカスを見たくて仕方がない恩林寺の小僧です。

昔、祖父母と一緒に名古屋でサーカスを見たことがあります。
世界三大サーカスのひとつ「木下サーカス」です。

面白いピエロからすごい技をする動物や人までいて、感激しながら、ウキウキしていたのを覚えています。(猿じゃないよ)

笑顔は人にとって大切なものだと思っています。
一人で泣くことはできますが、一人で笑うことはできません。
辛い時は一人に感じ、楽しい時は周りの暖かさを感じていると思います。
僕は皆さんのそばにいたいと思っています。
決して一人ではないことを証明したいと思っています。
そして、辛そうな人がいたら迷わず助けてあげてほしいと思っています。

一人は無理でも、二人いれば何とかなる。(同行二人)
二人が無理なら、三人いれば何とかなる。(三人寄れば文殊の知恵)

サーカスでは多くの人が笑顔になっていました。
笑顔は伝染していくものです。
まずは自分から笑顔にならないと始まりません。
少しでも皆さんの笑いあう顔が見られますように。

小僧さん
小僧さん

小僧合掌

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました