前回のブログの続き…

坐禅が苦手な恩林寺の小僧です。

前回に続き、大接心の一週間のうちに起こった面白かったことを書きます。

まずは太鼓ですね。毎日、夜中9時から9時半まで太鼓を叩きます。
今回は夜坐といい、夜10時以降も坐禅をしますが、普段は9時半から就寝となります。
最後の一日の締めを太鼓で行うのです。

今回、一週間のほとんど叩いてみました。
めちゃくちゃ腕が痛くなる…。なぜなら太鼓もバチも大きいからです!
早打ち(素早く叩くこと)などもあるので、終わりがけには根性で叩きます。

基本的に学生なので、雲水さんの手伝いなどでしたが、勉強になり、経験になった一週間でした。来年からは自分が中心に動きます。今からドキドキしてます!

小僧合掌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
Avatar photo
恩林寺の小僧さん
檀信徒の皆さんに『一休さん・小僧さん…』様々な愛称で呼ばれております、鳳雅禅士です。「一日一善」を心がけながら、日々精進していきます。感謝・合掌。