頭陀袋045 平成28年3月号

極楽はほんとうにあるの?

あるご家庭に伺ったら、お経のあとにこんな話が出ました。

「おっ様。わしらもこの年になるとそろそろお迎えの準備もせんと、もう手遅れになると困るで、今日はひとつ、極楽の話をしてくれんかな。」とのこと。

「そうですな。わしも極楽というところへは、行ってみた事もないし見たこともないのでな。 しかし、私ら黄檗宗の教義の中に、唯心(ゆいしん)の浄土、己心(こしん)の弥陀という言葉があります。この世を浄土に、心は阿弥陀仏。という教えです。死後の世界はいろいろ取りざたされていますが、 いまだかつて生前に確かめた人はいません。私も知らないのでいい加減なことをいうわけにはいきません。死んだあとのことよりもむしろこの世のことを話したほうがわかりやすいかもしれません。地獄も極楽も、この世にありで、早い話が怒りの心が地獄で、喜びの心が極楽かもしれません。

『腹が立ったら鏡を出して顔を見よ。鬼の顔がタダで見られる。』

わざわざ地獄に行かなくてもこの世において鏡一つあればいつでも鬼に出会うことができます。極楽とは幸せのことですが、幸せとは自分の心の中に自分で作るものであり、普段より感謝の念をもち毎日楽しんで暮らせるなら、これこそ極楽そのものです。
しかし、はなしとしてはよくわかるが、なかなかそうはいきません。腹を立てたり、愚痴を言ったり手に入らないものをほしがったりして、迷いや悩みが絶えません。
つまりは、毎日そのものが地獄暮らしのようなものです。そこで、ぜひこのようなことから離れて毎日極楽暮らしがしたいものです。
実は、地獄も極楽も紙 一重で、その人の心の持ちようで地獄にも極楽にもなるものではないでしょうか。こうしたことに気付くことが悟りというものでないでしょうか。」と、えらそうな話をした次第です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
Avatar photo
古田住職
皆さん、こんにちは。住職の古田正彦といいます。 私は「お寺に行こう 和尚さんと友達になろう」をキャッチフレーズに進めています。 小さなきっかけでも仏様と結ばれることを喜びとしています。