葉牡丹

花より団子が好きな恩林寺の小僧です。

恩林寺の前には、大きな大きな花が咲いております。
手のひらよりも大きいくらいの花です。
僕は詳しく知らないので和尚に聞いてみたところ、これは「葉牡丹」と言うそうです。
とても可愛らしいですね。

しかし、牡丹の花は、古くから忌み嫌われてきました。
それは、牡丹が実を熟す頃になると、花弁の重みと萼片がないせいで、花ごと地面に落ちるのです。江戸時代に見られた首切りなどと似てるため、死を意味する花とされてきたのです。

しかし、我が黄檗宗の元、中国では王の風格を表す花として讃えられてきました。
花言葉にも「富貴」「恥じらい」などといった美しさがある花です。

ある一つの部分だけを見て、それが絶対的だと判断する人はどれほど世の中にいるでしょうか。
悪いところばかり見ていると、良いところが見えなくなってしまいます。

僕は、牡丹の花が大好きです。

小僧合掌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
恩林寺の小僧さん
檀信徒の皆さんに『一休さん・小僧さん…』様々な愛称で呼ばれております、鳳雅禅士です。「一日一善」を心がけながら、日々精進していきます。感謝・合掌。