悟り

雲水修行期間
小僧さんのぶろぐ 雲水修行期間
小僧の代理人
小僧の代理人

悟りを開く前に寝てしまう恩林寺の小僧です。

皆さんの知っているお釈迦様は悟りを開いた智賢な方です。
豪華な暮らしを捨てたり、餓死寸前まで修行したりと大変なほうへ自ら歩みました。
僕だったら、お金があればゲームが買えるし、腹いっぱい食べて寝たいし。(泣)

お釈迦様は苦行の後、スジャータという女性から乳粥を頂き、深く瞑想して悟りを開きます。
そしてその悟りを伝えよう、広めようとするのです。
最初の説法(初転法輪)から始まり、僧侶の集団(僧伽)ができ、僧伽から僧伽へ伝わっていきました。

禅宗では少しでも真理を見つけるために「公案」や「禅問答」をします。
難しい問を師匠から出され、棒で叩かれたることもあります。
僕は、どんな答えでもよいと思っています。
それがその人の正しさなのであれば、理解しあいたいです。

そういえばスジャータという会社から発売されている「スジャータアイス」は美味しいので是非皆さんも食べてみてください。

小僧さん
小僧さん

小僧合掌

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました