僕が書いた言葉は…

境内を走っていたらコケてしまい、
膝小僧をぶつけた恩林寺の小僧です。

先週のブログの答えを発表します。
僕が書いた言葉は、看脚下です。みなさん、見てくださったでしょうか?
もし見てないという方は早めに見ていただけると光栄です。

看脚下??

漢字ばかりで難しいので日本語にすると、「足元を見なさい!」という教えです。
普段の日常では日々の反省はあっても自分というものを振り返ることはないと思います。
今、私の立ち位置はどこにあるのか?私は何を頑張ることができていて、何がまだ出来ていないのか。ちゃんと自分というものを正しく見なさいということですね。

それに加えて「履き物を揃えなさい!」という意味としても使われます。玄関の靴はどうですか?お店や寺院へあがる時もちゃんも揃えてますか?

靴の乱れは心の乱れ、靴が揃うと心も綺麗になる。トイレのスリッパや誰かが脱ぎっぱなしになってる靴を自ら揃えてみると、きっと良いことがあるかもしれません。

コケた僕も足元が見えておりませんでした。小僧もただいま反省中です。

小僧合掌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
Avatar photo
恩林寺の小僧さん
檀信徒の皆さんに『一休さん・小僧さん…』様々な愛称で呼ばれております、鳳雅禅士です。「一日一善」を心がけながら、日々精進していきます。感謝・合掌。