おみくじ

恩林寺のBlog
恩林寺のBlog
小僧さん
小僧さん

元三大師百籖を元に作成しました。

おみくじには、大きく和歌調のものと漢詩調のものと2つに大別できますが、元三大師によるおみくじは五言四行の形式をとるのが基本とされ、第1番~第100番までの番号になっていることです。
(元三大師とは、比叡山延暦寺の中興の祖、良源和尚のことで実在する人物。)

日本最古の版木のおみくじは凶が5割以上になるなど、一般的に古いものほど凶の割合が多いようですが、最近では「凶を引きたくない」「凶は縁起が悪い」などと言われて凶がないおみくじも多く出回っているようです。

小僧の代理人
小僧の代理人

凶とは
これまでの自分を反省し、成長させる時期が来た
という意味があると思います。

おみくじのランクは以下のように7つの順になっているのが一般的です。
第1位 大吉 第2位 吉 第3位 小吉 第4位 半吉 第5位 末吉 第6位 末小吉 第7位 凶
この他にも吉凶が書かれていないや「大大吉」「平」「未分」など、様々な種類がございます。

当サイトではトップページにおみくじを作成致しております。
・パソコンの場合はサイト内検索の下
・モバイルの場合は新着記事の下
その画像をクリック(タップ)していただくと詳細な画面に移ります。

小僧さん

京都府宇治市にある本山、黄檗山萬福寺にて修行しながら大学に通わせて頂いております。感謝・合掌。

小僧さんをフォローする
小僧さんをフォローする
恩林寺のぶろぐ

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました