おはぎ

おはぎの餡だけが好きでそこだけ取って食べて怒られたことがある恩林寺の小僧です。

春のお彼岸が近づいてきました。
彼岸というのは春と秋にある行事のことを指します。

それぞれ春分の日、秋分の日を中日として前後三日がお彼岸の期間とされてます。
そして、なんといってもお供えでよく出るのが『おはぎ』や『ぼた餅』です。

実はこれ、理由があるのです。
おはぎは漢字で『お萩』ぼた餅は『牡丹餅』と書きます。
つまり、それぞれの季節の花が名前についているのです。

最近では、餡子だけでなく、きな粉や黒ゴマなど、大きくわけて8種類あるそうです。
和菓子好きの人はぜひ食べてみてはいかがでしょうか?

小僧合掌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
Avatar photo
小僧さんの代理人
小僧さんが僧堂に入るとの事で、代理でブログをアップしています。