施餓鬼

頭陀袋 2020

頭陀袋098 堪忍袋の緒が切れる

「きれる」と、国語辞典を引くと二十項目にも上る意味、使い方に出会います。でも主語をつけて「あの人はきれる」と、言えばおのずと意味は限定されてきます。日本語とし...
大学3年生

施餓鬼

小僧さん いつまでもガキと言われる恩林寺の小僧です。 早く大人になりたい。けど子供のままでいたい。 思春期には皆さんもこのような悩みを抱えたこと...
恩林寺のBlog

お施餓鬼法要円成御礼

平素は恩林寺護持につきまし多大のご支援感謝いたしております。 さて7月5日県内黄檗寺院様、高山市宗猷寺様の御随喜をいただきましてお施餓鬼法要、無事円成い...
恩林寺のBlog

お施餓鬼法要の御案内

毎年、恩林寺一番の行事。令和最初のお施餓鬼法要を下記のとおり予定しております。 令和元年六月三十日(日)午前十一時~ 昨年お参りいただいた方、今回...
恩林寺のBlog

令和最初の施餓鬼法要

施餓鬼法要、たくさんの方々が参拝に来てくださり、ありがとうございました。 みなさんのおかげでとても良い法要になりました。 施餓鬼とは、ご飯が食べら...
頭陀袋 2018

頭陀袋072 法句経より

人に生まれるは難く 今、命在るは有難く 世に仏あるは難く 仏の教えを聞くは有難し 人生は、なかなか思い通りにはなりません。何かあるたびに私たちは憂い、悲...
頭陀袋 2016

頭陀袋047 一休さんの遺言

一休さんの逸話の中に遺言の話があります。 一休さんはなくなるときに弟子たちにが、あまりにも、一休さん亡き後を不安がり悲しむので、一通の封書を弟子たちに残...
頭陀袋 2015

頭陀袋039 ああ、モンテンルパの夜は更けて

毎年、お盆の風物詩のように八月の十九日前後に「高山市内五十ヶ寺のうち約半分の浄土真宗以外のお寺で作る東山連合寺院による川施餓鬼が行われ、宮川べりに流れてゆく灯...
頭陀袋 2015

頭陀袋037 いい話を聞きました

先日、いつもお経にお邪魔するおばちゃんから、いい話を聞きました。このおばちゃんをかりにハナさんといたしましょう。ハナさんは高山の生まれ、高山の育ち、旦那さんは...
頭陀袋 2014

頭陀袋022 お施餓鬼の由来について

目連尊者(お釈迦様の弟子)はあるとき、自分の母は亡きあと、どうなっているかを神通力をもって探したところ、餓鬼道に落ちて、肉は痩せ衰え、骨ばかりで地獄のような苦...
頭陀袋 2014

頭陀袋021 施食のはじめ (施食、慈悲)

ある僧が閑静な樹の下で一心に座禅して修行をしていた。すると樹のうえに猿が棲んでいて、僧が食事をしていたとき、食べ物がほしくなって樹から下りてきて僧のそばにやっ...
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました