25.末後の一句

急を聞いて馳けつけられた悦山和尚が、
「どうかいま少し長くこの世に生きながらえて下さいますように」と申し上げられますと、

お釈迦さまでさえ、いつまでもこの世に生きながらえてはおられなかった。
私にどうしてそうしたことができようか。

とかえって慰められました。
辞世の句をお願いされますと、禅師は、

すべてのものは空であり、
すべてのものにはいつまでも変らないという姿形はない。
これが私の世を去るに当っての一句である

と言われ、しばらく側の者たちを眺めておられましたが、静かに目を閉じ、柔らぐようにお亡くなりになりました。
時に天和四年一月二十日午前二時でした。生年七十四歳、僧となられてから五十七年でした。

ご遺骸は黄檗山内萬寿院の塔所にお祀りされました。

木庵禅師物語、これにて終了です。
ご愛読感謝申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
Avatar photo
恩林寺の小僧さん
檀信徒の皆さんに『一休さん・小僧さん…』様々な愛称で呼ばれております、鳳雅禅士です。「一日一善」を心がけながら、日々精進していきます。感謝・合掌。