実家にて断捨離…

整理整頓をしていると
懐かしい物に手を止めてしまう恩林寺の小僧です。

実家の片付けなどに追われる毎日ですが、過去の懐かしい物が沢山出てきて、一つ一つ思い出しながら断捨離しています。
小学生の頃は真面目だったのになぁ!とつくづく感じます。

色々と思い出のある物でも捨てているのは、部屋を綺麗にするため、今後使用しないため、そして、過去の自分とケジメをつけるため。
思い出は物にあるんじゃない、心にあるんだ!と誰かに教えて頂いてから、断捨離が出来るようになりました。

みなさんにも捨てられない物があるように、僕にもあります。
本当は捨てたくない物もあります。
でもいつかは捨てなければなりません。

今まで自分を支えてくれた物に感謝し、
ゴミ置き場までちゃんと自分の目で見送りましょう。

あぁ…腰が…痛い…。

小僧合掌

今回の写真は、学習机の電気スタンドです。
小学生の頃に頂いた『こうやくん』のシールが貼られたままです…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
恩林寺の小僧さん
檀信徒の皆さんに『一休さん・小僧さん…』様々な愛称で呼ばれております、鳳雅禅士です。「一日一善」を心がけながら、日々精進していきます。感謝・合掌。