雪吊り

雪の重みから松の木を守る「雪吊り」、高山陣屋では作業完了してました。

雪吊りについて

飛騨高山に冬の訪れを告げる風物詩、『雪吊り』。
冬の降雪に向けて降雪期前の11月下旬、高山市内で松の雪吊りの作業が始まります。
高山市の観光名所『高山陣屋』前の広場や赤い欄干の『中橋』のたもとなどで作業を行います。
アカマツに作業員が登り、支柱にくくりつけた縄を四方に投げ、下で仲間が受け取り素早く枝に結んでいきます。
石川県金沢市の兼六園も有名です😀

Gallery

MAP

小僧さん

市内の雪吊り作業が終わり、飛騨国分寺の大銀杏が葉を落とす。
こうなると、高山には長くて寒い本格的な冬が訪れます😱
除雪作業のため、各ご家庭で早起きをする日々が続きます。
今年も大雪になりそうな予報が出ており、今から心配しています😭
どうか、大雪に依る災害が起きませんように…🙏

小僧合掌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
Avatar photo
恩林寺の小僧さん
檀信徒の皆さんに『一休さん・小僧さん…』様々な愛称で呼ばれております、鳳雅禅士です。「一日一善」を心がけながら、日々精進していきます。感謝・合掌。