靴下に穴あいてたのにも関わらず、
靴までも穴があいていた恩林寺の小僧です。

実はなんと、いつも履いているサンダルに穴があいておりました。最近、雨もよく降り、足がよく濡れるなぁと思っていましたが、サンダルなので地面に跳ねた雨粒が靴の中に入ってきたと思っていました。

しかし、ある砂利道を歩いていると、「痛っ」と足に何か突き刺さる感覚がしたのです!よく見ると、石の尖った部分が足に直接当たってました。怪我はしませんでしたが、まさか穴があいてるとは思っおらず、ビックリしました。

世の中は「無常」ですよね。

常なるものが無い。いつかは変化し、進化し、退化する。現状維持という言葉もあるけれど、実際は同じように留まることが出来ない。そのようなモノだと思います。

自分は良い方向へ変われていますか?

悪い方向に向かってはいませんか?

今一度、考え直してみたいと思います。

小僧合掌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
Avatar photo
恩林寺の小僧さん
檀信徒の皆さんに『一休さん・小僧さん…』様々な愛称で呼ばれております、鳳雅禅士です。「一日一善」を心がけながら、日々精進していきます。感謝・合掌。