お盆になると…

この時期になると、頭が日焼けして痛かった去年を
思い出した恩林寺の小僧です。

最近ではお盆になると、家におらずテーマパークなどへ子供を連れて遊びに出かけるという家族をよく見かけます。
せっかくの休みを家族で過ごすとてもいい時間だと思います。

しかし本来は、そのために休みがある訳ではないのです。お盆とは、日本で夏季に行われる祖先の霊を祀る行事。つまり、御先祖さまに供養をする時期のことを指すのです。
普段からお墓参りに行けない方、毎朝手を合わせられない方など、年に一度のこの「お盆」の時期に、ちゃんと心を込めて合掌できたらいいですよね。

今の子供はキュウリとナスの動物を見たことがあるのでしょうか?

京都五山の灯火を観光として捉えてないでしょうか?先祖あってこその自分が居られることを忘れないで、感謝して生きていきたいものです。

最後になりますが、恩林寺の和尚、小僧とも、お盆に各家をまわらせて頂きます。
忙しい中だとは思いますが、何卒よろしくお願いいたします。

小僧合掌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
Avatar photo
恩林寺の小僧さん
檀信徒の皆さんに『一休さん・小僧さん…』様々な愛称で呼ばれております、鳳雅禅士です。「一日一善」を心がけながら、日々精進していきます。感謝・合掌。