飛騨三十三観音霊場

飛騨三十三観音霊場 飛騨三十三観音霊場
飛騨三十三観音霊場は高山市を中心とする観音菩薩を巡る巡礼です。
毎月1日と15日に更新を予定しています。
恩林寺は飛騨三十三観音霊場 第18番札所です。

その他の小僧図書館ページ

飛騨三十三観音霊場

◆第8番 慈恩山 正雲寺◆

Information 当寺は、元岩手県和賀郡岩崎村に在りました。当山六世天渓器外大和尚は、地方信徒と謀り、高山町貴族院議員永田吉右工門を開基として当浄...
飛騨三十三観音霊場

◆第7番 神護山 清伝寺◆

Information 寺伝によると、清寧天皇(四八〇)まで遡ると記されています。のち奈良時代、天平神護元年泰澄禅師が、加賀白山々麓に一寺を創建する。そ...
飛騨三十三観音霊場

◆第6番 真龍山 宗猷寺◆

Information 寛永九年(一六三ニ)金森氏三代、重頼、重勝の兄弟が、父出雲守可重菩提のため建立、開山は南叟宗安和尚です。偉容を誇る石垣や寺地は、...
飛騨三十三観音霊場

◆第5番 宝樹山 善応寺◆

Information 本尊は、インドマカダ国のビシュカッマの作と云われ、ニ臂半跏で思准相の金銅仏です。その由来は、松倉城主三木自綱の念持仏として、永禄...
飛騨三十三観音霊場

◆第4番 高隆山 素玄寺◆

Information 慶長十三年金森長近公逝去により、菩提追福のため、可重公か建立。開山は長近公の帰依されていた、天翁秀梅和尚です。本堂は、高山城二之...
飛騨三十三観音霊場

◆第3番 海蔵山 雲龍寺◆

Information 養老四年(七ニ〇)泰澄大師が飛騨高山東山の地に白山社を創建し別当妙観寺を建立したが後に無住となり衰退した。応永ニ年(一三九五)、...
飛騨三十三観音霊場

◆第2番 桜雲山 相応院◆

Information 当院は平安時代中頃(九三五~九四一)高野山金剛峯寺座主であった済高僧正が高野山に建立され、江戸時代には飛騨及び郡上八幡の藩主金森...
飛騨三十三観音霊場

◆第1番 医王山 飛騨国分寺◆

Information 天平十八年聖武皇の勅願により創建。開基は行基菩薩、当国第一の古刹です。天正十五年には中興第一世玄海法印の懇請により金森長近公が寺...
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました