小僧さん

大学2年生

大学

小僧さん 大学の後輩に、いつもお世話になってる和尚の息子がいて焦った恩林寺の小僧です。 今日は大学について話しましょう 笑笑 僕の通ってるところ...
大学2年生

祭り

小僧さん 祭りの音にはしゃぎすぎて転んで怪我した経験がある恩林寺の小僧です。 祭りっていいものですよね。なぜか、心が愉しくなるというか、ワクワクドキド...
大学2年生

平成最後、隠元禅師の祥月命日

2019年4月3日、黄檗山萬福寺にて開山祥忌がありました。 黄檗山萬福寺のホームページ 少数の雲水に、沢山の和尚が集まり、また壇信徒の方も大勢みえ...
大学2年生

新元号は令和です。

小僧さん お経を読むのにハマってる恩林寺の小僧です。 新元号:令和 みなさん、新しくなりましたね。(といっても5月からですが)本日AM11:41...
木庵禅師物語

3.開元寺のお弟子へ

十歳の頃、たまた温かが観音菩薩の名号を唱えているのを聞かれて深く感動され、それからは肉食を断ち、自分でも観音菩薩の名号を唱えられるようになられました。 ...
頭陀袋 2019

頭陀袋082 忠言は耳に逆らう

秦の始皇帝の死後、 真っ先に都に入ったのは 後に漢を建国する劉邦でした。 競争相手である楚の項羽に先んじたことの喜びと、美女と財宝に囲まれて、すっかり気...
恩林寺のBlog

春期法要

3月23日(土) 春季法要がありました。 たくさんの方に来ていただき、 とても感謝しております。 今回は、 高山市:宗猷寺様、関市:正渓寺様、各務...
木庵禅師物語

2.木庵禅師のご誕生

木庵禅師がご誕生になったのは、中国の明時代も終りに近づいた頃の皇帝・神宗の萬暦三十九年二月三日で、日本では後水尾天皇が天子の御位に即かれ、徳川家康が二代将軍秀...
頭陀袋 2016

頭陀袋053 ご縁ということ

世間ではよく「縁起がいい」「縁起が悪い」と言いますがこの場合、モノの起こる(兆し)とか(前兆)というような意味に使われているようです。 たとえば、「今朝...
大学1年生

はじめまして!小僧です!

みなさん、はじめまして! 飛騨高山唯一の黄檗宗寺院、恩林寺です 今回の記事をもちまして、ブログを始めさせて頂きます。まず初めにどのようなお寺か、説明かつ...
木庵禅師物語

1.黄檗山萬福寺

京都の南の郊外。宇治の里は、平安朝時代から貴族の別荘地として知られていました。今、この地訪づれてみますと、そこには当時の栄華を誇る平等院の殿堂や、寺社の面影を...
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました