古田住職

頭陀袋 2013

頭陀袋012 業(その二)強情。強盛

あの人はゴウジョウだ。 ゴウジョウッパリだ。という表現があります。 自分を正当化して、他を受け入れない人を評していう言葉ですね。ゴウジョウとは「強情」とか「強...
頭陀袋 2013

頭陀袋011 業(その1)

業とは人間のなす行為、振る舞いのことであります。ふだん、この言葉はよく使います。たとえば(前世の宿業)とか(自業、自得)(業が深い)などのようです。この業には...
頭陀袋 2013

頭陀袋010 自己に勝つ

人間は常に「いわれなき恐怖」におののいています。たとえば死に対する恐れ、財産を失うのではないかという恐れ、また、子供に裏切られるのでないかというおそれなどであ...
頭陀袋 2013

頭陀袋009 本家・本郷・本国

何の前触れもなくSさんがお寺をたずねてきました。「方丈さん、助けてください。私は自分の家に帰りたいのですが、誰も返してくれません。私の周りにはいつも四、五人の...
頭陀袋 2013

頭陀袋008 ひとりぼっち

『一人ぼっちが好きだよと… … 』なんていう、流行歌の歌詞がありますが、 本当に一人ぼっちが好きな人が居るのでしょうか?一人ぼっち (ひとりぼっち)とは独り法...
頭陀袋 2013

頭陀袋006 七光・十二光

阿弥陀佛の光明は尽きることなく私 たちを照らして居てくださることから、後光を無数の光の筋として表すことが多いですね。その光には十二種あるそうで、無量寿経には次...
頭陀袋 2012

頭陀袋005 福田・恩田・福分

福田さんとか恩田さんとかいう苗字の方がいらっしゃいますね。 そのかたがたのご先祖はきっと仏教に熱心な信者だったに違いありません。 (福田) は仏教読みでフクデ...
頭陀袋 2012

頭陀袋004 厳父・慈母、それぞれの役割り

オギャーと生まれお乳を飲んでひっくり返っているだけの乳飲み子はまさに肌身離さずという状態で母親はわが子をいつも肌に寄せているものです。今度は「手を離さず」 か...
頭陀袋 2012

頭陀袋003 帰依・帰命・帰敬

南無阿弥陀仏、南無釈迦牟尼佛、南無妙法蓮華経などの最初の部分「南無」はインド の言葉でナマスを音写したもので漢訳すると「帰命」になります。意味は「帰依」と同じ...
頭陀袋 2012

頭陀袋002 予言・預言・記別・授記

私たち生き物はすべて未来や将来の事柄を あらかじめ予見、予知する能力が備わっています。明日の天気や次に起きそうなことなど常識的な範囲のことを予知するならば別に...
頭陀袋 2012

頭陀袋001 皆様私、恩林住職 古田正彦と申します。

永年和尚さんをしていてもなかなかお説法というものは巧くならないものでございます。 少しでも勉強してひとさまのお役に立ちたいと思いながら、大した活動もせずにおり...
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました