24.病危篤となる

木庵禅師物語
木庵禅師物語

天和四年正月十日、京都所司代稲葉公に侍者を使に出されて、永い間黄檗山のために盡力していたお礼を述べさせられました。
十三日になるとにわかに病がぶり返し、皆なで秘かに医者を招いて診断を受けられるようお願いしましたがお許しにならず、
「どうもこんどの病気は医薬では治らぬようだ」と言って、ことわられました。

十八日、禅師は自分の病がいよいよ危篤状態にはいったことをさとられ、左右に付き添っている者たちを顧みて

木庵禅師
木庵禅師

私がこの世を去ったならば、お前たちは仏が決められた規則にそむくことがあってはならぬ。
ただひたすら仏教が栄えるようにと心がけ、祖師方が歩まれた禅の道をしっかり守ってゆくことこそ私がお前たちに最も望むところだ。

と言い渡されました。

木庵禅師
木庵禅師

続く…

出典:黄檗二祖 木庵禅師物語

小僧さん

京都府宇治市にある本山、黄檗山萬福寺にて修行しながら大学に通わせて頂いております。感謝・合掌。

小僧さんをフォローする
小僧さんをフォローする
恩林寺のぶろぐ

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました