昔から歴史が苦手な恩林寺の小僧です。

通っている大学はコロナ禍の影響によりオンラインでの授業を行っています。
僕もその授業により色々な課題をこなしています。
その中でも大変なのが「木庵さんの年譜」を作ることです。

木庵さんというのは、中国の方で、黄檗宗を日本に持ち込んだ隠元隆琦の弟子、第2代管長の木庵性瑫のことです。
この方は我が恩林寺を建てた方でもあります。(開山祖といいます。)

歴史というのは色々なご縁で出来ています。

例えば今書いてる木庵さんも師匠と出会わなければ日本に来ておりません。
私も和尚と出会わなければ、今このようにブログを書いていません。

みなさん一人一人に歴史があると思います。
それが嫌なことだったり、何か成就したものだったり。
人によって様々ですが、みなさんは今を刻んで生きています。
そして沢山のご縁を頂いています。

僕が今、苦手な歴史の課題に取り組んでいるのも…きっと何かのご縁なのでしょうね。

木庵さんの年表、なんとかしてまとめます!

小僧合掌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
Avatar photo
恩林寺の小僧さん
檀信徒の皆さんに『一休さん・小僧さん…』様々な愛称で呼ばれております、鳳雅禅士です。「一日一善」を心がけながら、日々精進していきます。感謝・合掌。