2021-05

雲水修行期間

視野を広げて

小僧の代理人 最近の若者の一種である恩林寺の小僧です。 ここ最近、電車に乗っていると「若者はマナーを知らない」や「若者はお年寄りに対する接し方を知らな...
雲水修行期間

仏教は身近なところに…

小僧の代理人 念仏を唱えていると眠くなる恩林寺の小僧です。 念仏は「寝ん仏」なので、仏じゃない人間は寝てしまいそうになります。(笑点の山田く~ん、座布...
雲水修行期間

煎茶

小僧の代理人 煎茶せんちゃが好きな恩林寺の小僧です。 この時期、萬福寺では煎茶道大会が開かれます。この行事は全国から煎茶道の師範らが集まり、茶を披露す...
飛騨三十三観音霊場

◆第6番 真龍山 宗猷寺◆

Information 寛永九年(一六三ニ)金森氏三代、重頼、重勝の兄弟が、父出雲守可重菩提のため建立、開山は南叟宗安和尚です。偉容を誇る石垣や寺地は、...
雲水修行期間

一切皆苦

小僧の代理人 犬より猫が好きな恩林寺の小僧です。 僕には幼い頃から飼っていた猫がいます。小学五年生時に亡くなってしまい大泣きしたのを覚えています。 ...
雲水修行期間

諸法無我

小僧の代理人 学校の相談室で折り紙をした、恩林寺の小僧です。 友達がよく相談室にいたので遊びに行っていたことを覚えています。だから、折り紙が得意になっ...
寫眞館

2021年5月の掲示板

小僧の代理人 恩林寺の掲示板、是非、ご覧ください。
頭陀袋 2021

頭陀袋107 袖振り合うも多少の縁

袖振り合うも多少の縁 みえぬところで手をつなぐつくしんぼ無着成恭先生(山形県のお寺の和尚さん)が小学校の先生をしていた時、子供たちと、つくしを摘みに行き...
飛騨三十三観音霊場

◆第5番 宝樹山 善応寺◆

Information 本尊は、インドマカダ国のビシュカッマの作と云われ、ニ臂半跏で思准相の金銅仏です。その由来は、松倉城主三木自綱の念持仏として、永禄...
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました