2021-02-01

木庵禅師物語

25.末後の一句

急を聞いて馳けつけられた悦山和尚が、「どうかいま少し長くこの世に生きながらえて下さいますように」と申し上げられますと、 禅師は、「お釈迦さまでさえ、いつ...
大学3年生

思い出

小僧さん よく思い出にふける恩林寺の小僧です。 思い出は、ふとした瞬間に心の中に描かれる物です。皆さんも時々「懐かしいなぁ」と思うことがあるでしょう。...
頭陀袋 2021

頭陀袋104 坊主丸儲け

およそ半世紀余り、私は飛騨古川の製薬会社にお世話になりました。その会社の創業社長は裸一貫から身を立て、確たる地位まで上り詰めました。私は社長に清掃の徹底と挨拶...
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました