その他

庫裏

庫裏くり(庫裡)とは、仏教寺院の建物で台所や居住する場所を意味しています。
裏も裡も内や中という意味があります。
建物として独立しておらず、一般家庭の民家と変わらないような外観ですが僧侶とその家族の住まいや寺務所を兼用、寺務仕事も庫裏で行われます。
禅宗では、食事もまた修行のひとつと捉える事から、食堂のある庫裏は修行の場でもあるのです。

巡礼の碑

山門の左側(山門を挟んで駐車場の反対側)に巡礼の碑がございます。
巡礼する人達の安全と満願を祈って、この巡礼の碑を建てたといわれています。

鐘楼

この鐘楼しょうろうは戦後に出来たものとされています。それは戦争に青銅を必要としていて、当寺の鐘も差し出したそうです。しかし、戦前と変わらないものであるという記録もあり、詳細不明です。
毎年大晦日の夜に、子供から大人まで鐘を突きにこられます。
年末の思い出として、1回突いてみませんか?ぜひ、お越し下さい。

大師閣

大師閣の中にみえる弘法大師像は高野山(真言宗の大本山)から来られたと伝わっています。
(実際のところ、詳しいことなどはわかりっておりせん)
いつもは閉まっていますが、正月などの行事では開放しております。

その他

四季折々の顔を見せます。見事な皐月が咲き、秋の紅葉、雪中景色…。

小僧さんをフォローする
恩林寺のぶろぐ
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました