【序章】 覚悟

人の役に立ちたい。
心を預けられる人になりたい。

そんな思いとご縁が重なり、
恩林寺徒弟(弟子)として頑張ることを高校二年生の夏に決意しました。

それから月日は流れ、大学三年生の頃、学校を休学して僧堂へ入ることを決めました。

当然のことながら修行する場所である僧堂は自由が制限されます。

未経験の不自由な場所に心は不安に染まっていきます。
そして現代っ子だからこそ悩む問題もありました。
スマホがない生活とはどんなものだろうかということです。

入堂前の数日は連絡がとれる友達や恋人とたくさん話して、京都の色々な場所に出かけ、後悔が無いように時間を過ごしました。このまま逃げ出したい気持ちがあったのも覚えています。
しかし覚悟しました。

よし、頑張るぞ。

明日は入堂にあたっての説明があります。その晩は少し早めに眠りにつきました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
恩林寺の小僧さん
檀信徒の皆さんに『一休さん・小僧さん…』様々な愛称で呼ばれております、鳳雅禅士です。「一日一善」を心がけながら、日々精進していきます。感謝・合掌。